スペイン代表、新指揮官はルイス・エンリケに!2年契約、バルセロナでは計9つのタイトルを獲得

コメント()
(C)Getty Images
スペイン代表指揮官がルイス・エンリケ氏に決定した。

スペインサッカー連盟(RFEF)は9日、スペイン代表の新指揮官にルイス・エンリケ氏が就任することを発表した。契約は2年契約となる。

スペインはロシア・ワールドカップの開幕前日、本大会後にレアル・マドリー指揮官に就任することが発表されたジュレン・ロペテギ監督を電撃解任。ロシアW杯は、フェルナンド・イエロ監督がチームの指揮を執っていた。

そのスペインはロシアW杯でグループリーグを突破したものの、決勝トーナメント1回戦でホスト国のロシアを前にPK戦で涙をのみ、ベスト16で姿を消した。その後、RFEFは8日にイエロ監督の退任を発表していた。

そして9日、RFEFのルイス・ルビアレス会長が会見に出席し、新監督にルイス・エンリケが就任することを発表した。

新指揮官となるルイス・エンリケ氏は、現役時代にレアル・マドリーとバルセロナの両クラブでプレー。スペイン代表としては62試合の出場で12得点を記録した。引退後はバルセロナ・アトレティック(バルセロナB)やローマ、セルタの指揮官を歴任。2014-15シーズンから指揮したバルセロナでは、就任初年度で三冠(リーガエスパニョーラ、コパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグ)を達成する偉業を成し遂げた。2016-17シーズン限りでバルセロナ指揮官を退任後、現在まではフリーの状況だった。

2014年のブラジルW杯から2016年のユーロ・フランス大会、そして2018年のロシアW杯と過去3度の主要国際大会で最高成績がベスト16と苦しむ“ラ・ロハ”。ルイス・エンリケ氏が、チームをどのように再建していくか注目だ。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

閉じる