スペイン主要メディア、マラガ戦の乾貴士に辛口評価「ほとんど試合に参加していなかった」

コメント()
乾は72分に途中交代

22日に行われたリーガエスパニョーラ第20節マラガ戦(1-1)で先発出場したエイバルMF乾貴士だが、スペイン主要メディアからは厳しい評価を受けている。

エイバルは17分にマラガFWエン・ネシリにゴールを許して先制点を献上。ホセ・ルイス・メンディリバル監督は72分に乾を下げてMFベベを投入し、すると76分にそのベベのクロスからFWキケ・ガルシアがシュートを放って同点に追い付いた。

23日付のスペイン紙『マルカ』は、評価採点で乾に1点を付けた(最高点は3点)。寸評には、「日本人ウィングはほとんど試合に参加していなかった」と記されている。

両チーム通じての最高点はマラガGKロベルト・ヒメネス(3点)に与えられた。エイバルではMFファビアン・オレジャーナ(2点)、キケ・ガルシア(2点)がベストプレーヤーとなっている。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
「日本のメッシ」堂安律にイタリアからも熱視線「素早い加速に戦意失わせるシュート」
次の記事:
大不振のレアル・マドリーがロペテギを更迭か…コンテが最有力と伊メディア
次の記事:
最下位長崎の高木琢也監督、磐田との直接対決で痛恨ドローに「申し訳ないという気持ち」
次の記事:
白熱の戦い…長崎vs磐田の残留に向けたシックスポインターは痛み分け/J1第30節
次の記事:
「リヴァプールを見習うべき」レジェンドがマンチェスター・U攻撃陣に厳しい要求
閉じる