ストークに逆転勝利のリヴァプール、クロップは素晴らしいセーブを見せた守護神を「救世主」と称賛

コメント()
Getty
ブラジル人コンビの活躍でストークに2-1と逆転勝利をしたリヴァプール。クロップ監督は、至近距離からのシュートを2度防いだGKミニョレの活躍を称えた。

リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、2つのビッグセーブで勝利に貢献したGKシモン・ミニョレがチームの命を救ったと『BBC』で語っている。

8日に敵地ブリタニア・スタジアムで行われたストーク・シティとの一戦は、ジョナサン・ウォルターズがホームチームにオープニングゴールをもたらすも、途中出場のフィリペ・コウチーニョとロベルト・フェルミーノのゴールで逆転し、リヴァプールが2-1で勝利を収めている。しかしクロップ監督は、途中出場のブラジル人コンビよりも、チャーリー・アダムとサイード・ベラヒノのシュートを止めた守護神、ミニョレの活躍を手放しで喜んだ。

「シモン・ミニョレの最初のセーブは申し分ないが、2つ目はもっとスペクタクルだった。どうやって防いだのかわからない。あれは天才的で、彼の活躍はとてもうれしい。彼は我々の命を救ったんだ」

一方、3日間で3キロも体重が減少したコウチーニョの起用を「ギャンブル」と語ったクロップだったが、後半に見せたチームのパフォーマンスには満足している。一方で、前半に関しては「いつもの選手たちではなかった。ストークは明らかに我々よりも良いプレーをしていたが、ゴールの場面以外はチャンスを作れていなかった」とストークのミスに助けられたと言及。最後に「勝ち点63を積み重ねられ、気分が良い」と結果の重要性を強調した。

消化試合は多いものの、チャンピオンズリーグ出場権争いのライバルである4位マンチェスター・シティと勝ち点2差、5位アーセナルと勝ち点9差を保ち、リヴァプールは3位をキープしている。

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる