ジダン、イスコの起用法について「スペイン代表は8試合しか戦わないが、レアルは60試合をこなす」

コメント()
Getty Images

レアル・マドリーは3日にチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグ、アウェーでのユヴェントス戦に臨む。前日会見に出席したジネディーヌ・ジダン監督は、昨季CL決勝のようにユヴェントスを打ち破る方法を問われ、シンプルに「良い試合を演じる」ことと答えた。

スペイン『アス』がフランス人指揮官のコメントを伝えた。

「良い試合を演じることを試みる。それが私たちにできることだ。準備はできているよ。しかし、10カ月前に起こったことを振り返る必要はないんだ。過ぎたことは過ぎたことなんだよ。ただ、このノックアウトラウンドだけを考えなくてはならない」

ジダン監督はまた、自身が好むフォーメンションは何かとの質問に、次にように返答している。

「好きな割合もなく、すべてを好んでいる。サイドハーフを置いても、ダイアモンドでも、4−3−3でも……。私は変化を加えること、様々な形でプレーすることを好んでいる」

選手層が厚いレアル・マドリーだけに、この試合でベンチスタートとなった選手は不満を抱える可能性もある。だがジダン監督は自チームに「控え選手」がいないことを強調する。

「選手がそのように考えないことを願う。実際、違うのだからね。自分にとって控え選手は存在しない。私は素晴らしい25選手を擁しており、その全員を必要としている」

またスペイン代表では絶対的主力で、レアル・マドリーではベンチスタートとなることも間々あるMFイスコに言及。イスコは先のインターナショナルウィークに、「マドリーでは信頼の勝ち取り方が分からない」と不満をちらつかせていた。

「いくつかの選手がほかよりも多い出場時間を手にする時期もある。おそらく、イスコは代表とここでは状況が違うんだ。スペイン代表はシーズンを通して8試合しかなく、一方マドリーは3日毎に試合があり、60試合を戦うのだから。これが私のやり方なんだよ」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
レアルからドルトムントにレンタル中のアクラフ「ブンデスリーガの方がリーガより戦術的」
次の記事:
日本、強豪サウジアラビアに苦戦も1点リードで後半へ! 冨安健洋が代表初ゴール
次の記事:
混沌する得点王争いにユヴェントス指揮官「C・ロナウドにライバルの刺激は必要ない」
次の記事:
サウジ戦は武藤を1トップ起用!日本代表が先発を発表…右臀部痛の大迫はベンチから
次の記事:
札幌DF横山知伸、昨年末に脳腫瘍の摘出手術を実施…現在は復帰に向けて治療中「必ずピッチに戻ります!」
閉じる