ジェラード氏、来季からリヴァプールU-18監督に就任...首脳陣は大きな期待

コメント()
Getty
昨年11月に現役引退し、指導者としてのキャリアを歩み出したジェラード氏。リヴァプールは同氏を評価し、今夏からユースチームの監督に就任すると発表した。

リヴァプールは、クラブのレジェンド、スティーブン・ジェラード氏が来シーズンからU-18チームの監督になることを発表している。

昨年11月に現役を引退したジェラード氏は、今年2月からリヴァプールのアカデミーでコーチングキャリアをスタートしている。最初はカークビーでさまざまな役割をこなしていたが、指導者としての振る舞いと適正を評価され、今夏にU-23チームを率いることが決定しているニール・クリッチリー氏の後任としてU-18チームを指揮することになった。

ジェラード氏は「アカデミーでの時間をとても楽しんでいる」と新たなキャリアを歩み出した喜びを語っている。

「すでにここのスタッフからの多くのことを学んだと感じている。アレックス(・イングルソープ)と話をした後、これは私にとって次の段階に進み、自分自身のチームを率いる良い機会だと思った。ニールはU-18で素晴らしい成果を挙げ、私も彼に続きたい。そして最終的にはトップチームでプレーできる選手を育てたい」

リヴァプールのユースチームでディレクターを務めるイングルソープ氏は「スティーブンは非常に価値のある経験と知識をクラブに与えてくれ、若い選手に適切なアドバイスを送っていた。我々は彼がこのチームの監督として大きな成功を収めることに何の疑いもない」とジェラード氏への信頼を口にしている。

さらにイングルソープ氏は「ニールにとっても、これは良いチャンスだ。彼は2013年からU-18チームの指揮を執り、輝かしい成果を残してきた。今後も彼がクラブの育成に貢献してくれると期待している」と話した。

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる