ジェノア、次戦は“カズ・デー”…クラブも日本人サポーターの訪問を歓迎

コメント()
Getty
ジェノア公式ウェブサイトによると、30日のキエーヴォ戦には、かつて同クラブでプレーした三浦知良のファンの一団が訪れる。

横浜FCに所属するFW三浦知良の足跡をたどる企画で、30日のセリエA第34節ジェノア対キエーヴォ戦には、日本から多くのファンが駆けつける。ジェノアが27日、公式ウェブサイトで発表している。

レジェンド、カズは50歳を迎えてなお現役生活を続け、3月にはJリーグで最年長ゴール記録を更新するなど偉業を成し遂げてきた。その快挙はかつてカズがプレーしたイタリアでも「限界を知らないミウラ」、「不死のミウラ」などと称えられた。

カズは日本人として初めてセリエAに加入したパイオニア的存在だ。1994年にジェノアに加入し、サンプドリアとのジェノヴァダービーでは得点をマーク。これは日本人選手が初めてセリエAで挙げた得点となった。

ジェノアもカズについて、「沈むことのないカズは故郷の地で現役を続行し、ゴールを挙げ続けている。フットボール侍はあらゆる記録を更新し、引退など考えていない」と紹介している。

キエーヴォ戦には、ジェノヴァ在住の日本人の企画で、カズの足跡をたどろうと日本からファンの一団が訪れる。かつてカズがプレーしたマラッシでスタジアムの雰囲気を肌で感じることだろう。ジェノヴァにはヨーロッパの交換留学生なども多い。このためマラッシやジェノア・ミュージアムやストアでは「外国人ファンの存在は珍しいことではない」として、イタリアの古豪は日本からの来客を歓迎している。

閉じる