ニュース ライブスコア
ラ リーガ

シメオネ、ダービー敗戦を受け入れる「マドリーの方が確信あった。素早く立ち直るのみ」

23:03 JST 2019/02/10
Diego Simeone Atletico Madrid Real Madrid La Liga 09022018

9日のリーガ・エスパニョーラ第23節、アトレティコ・マドリーは本拠地ワンダ・メトロポリターノでのレアル・マドリー戦を1-3で落とした。ディエゴ・シメオネ監督は、疑惑の判定が続出した試合であっても、レアル・マドリーの方が優れたプレーを見せていたとの見解を示し、完敗を認めた。

ペナルティーエリア外にも見えたDFホセ・ヒメネスのFWヴィニシウスに対するファウルがPKとなるなど、VARの機能性に疑問の目が向けられた今回のダービー。だがシメオネ監督は判定に関係なく、レアル・マドリーが勝利、自チームが敗戦に値した試合であったとの考えを述べている。

「VARについては、これまでも意見を言ってこなかった。これから改善されていくことだろう。私たちがリプレーを見ることはできないし、良識に基づき改善されることを願っている。しかし私たちは、VARの機能によってこの試合を落とした訳ではない」

「対戦相手は私たちよりも優れていたし、彼らを祝福しなくてはならない。彼らが勝利したのは、私たちよりもプレーに確信を持っていたからにほかならない」

シメオネ監督がMFロドリゴを先発で起用しなかったことはサプライズとして捉えられたが、同選手はコンディションに問題を抱えていたようだ。

「試合開始前から下していた決断によって、敗戦を正当化する気はない。彼はベティス戦で問題を抱え、水曜に同じ箇所がまた痛み、桃くようと金曜はほとんど練習に参加できなかった。その時点で焦点は、試合終了までの20分間プレーできるかどうかとなっていた」

レアル・マドリーに抜かれて3位まで順位を落としたアトレティコ。リーガ優勝の可能性は遠のいたとの見方もされているが、シメオネ監督はチャンピオンズリーグだけを見据える必要はないことを強調した。

「今はチャンピオンズについて考えていない。次の土曜のラージョ戦で良い試合を演じたい。今日の私たちは敗戦に値し、今は改善すべきとき、素早く立ち直るときだ。ラージョ戦にしっかりと備えられるようにね」

▶ラ・リーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ