サンチェス&ムヒタリアン移籍は秒読み段階に…モウリーニョ「とても、とても近づいている」

コメント()
Getty/Goal
マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルの両指揮官はチリ代表FWの移籍完了まで間もなくと語った。

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、アレクシス・サンチェスの移籍が「もう少し」と明らかにした。

昨夏からアーセナル退団を希望するサンチェスは、マンチェスター・シティ行きが濃厚とされてきた。しかし、今冬、マンチェスター・ユナイテッドがより好条件を提示したことで、シティは争奪戦から撤退。そして、3500万ポンド(約54億円)+ヘンリク・ムヒタリアン譲渡の条件で、チリ代表FWはオールド・トラッフォードに活躍の場を移すことになるようだ。

20日に行われた1-0で勝利したバーンリー戦後の会見で、サンチェスの加入について問われたモウリーニョ監督は、「成立にとても、とても近づいている。もう少しだとは思うが、仮に何も進展がなければ、何も起きないだろう。でも私はポジティブでいる」と話し、以下のように続けている。

「我々のクラブの人間はできる限りのことをやっている。オーナー陣も獲得にゴーサインを出して、(エド)ウッドワード氏も懸命に働きかけている。みんなが全力で働いているから、我々は成功すると思っている」

一方、サンチェスの代わりにムヒタリアンを獲得することになるとみられるアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督も、4-1で勝利したクリスタル・パレス戦後に「ムヒタリアンが来たときだけ、サンチェスは移籍するだろう。次の48時間以内に何かしら決まる。移籍は完了すると思うが、まだ発表できない」とモウリーニョ監督同様、移籍完了まで間もなくと語った。

複数のイギリスメディアが、サンチェスのメディカルチェックは週末に行われ、クラブの発表を除けば、移籍はほぼ完了したと報じている。“ビッグ6”間の大型トレードは、実現間近まで迫っている。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる