サビッチ、バルセロナとのドローを悔やむ「勝利に値したのはゲームを支配していた僕たち」

コメント()
Denis Doyle

24日のリーガ・エスパニョーラ第13節、アトレティコ・マドリーは本拠地ワンダ・メトロポリターノでのバルセロナ戦を1−1で引き分けた。DFステファン・サビッチは、自チームが勝利に値したとして、ドローという結果を悔やんでいる。

「満足してスタジアムを去ることはできないね。僕たちは見事にゲームを支配していた。とても激しいプレーで、自分たちが望んでいた展開を実現していたんだよ。でも、たった一つのミスによって、失点という代償を支払うことになった。勝利に値したのは、僕たちだったのに」

「しかし、アトレティコのファンは信じられない。ワンダの雰囲気は信じられないものだったよ。失点の鍵を握ったのは集中力の欠如、メッシが3選手に囲まれながら見せたボールコントロールだった。デンベレが決めたシュートは、運にも恵まれていたね」

サビッチはまた、バルセロナのゲームプランについて次のように語っている。

「彼らは4人の中盤の選手とともにプレーした。僕たちに敬意を払ったために、思い切って攻撃してこなかったね。彼らは僕たちが勝利を求めていたことを知っていたんだ」

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
イグアイン代役は“レヴァンドフスキ2世”?ミランがピョンテク獲得に接近…移籍金は最低でも50億円
次の記事:
「1位が良い、2位が良いではなくしっかり勝つことだけ」酒井宏樹がグループ最終戦へ意気込み
次の記事:
ケガの状態に明言避ける大迫勇也…若手に奮起促す「気持ちは分かる。でもこんなチャンスはない」
次の記事:
長友佑都が徹するベテランの役割…本田ら例に上げて若手に助言「周りも見ないくらいチャレンジしていた」
次の記事:
トッテナムに激震!ケインが左足首靭帯損傷で6週間離脱…ソン・フンミンも離脱で得点源2人を欠くことに
閉じる