コンフェデ杯でドイツ代表の主将を務めるのはPSGのドラクスラー…レーブ監督が明言

コメント()
Getty Images
若手主体のチームでコンフェデ杯に臨むドイツ代表。そのなかで豊富な経験を持つ23歳を主将に指名した。

パリ・サンジェルマンFWユリアン・ドラクスラーがコンフェデレーションズ・カップ(コンフェデ杯)でドイツ代表の主将を務めることになるようだ。ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーブ監督が明言している。

負傷離脱中のドイツ代表の正キャプテン、GKマヌエル・ノイアーやほかの主力選手の招集を見送り、若手主体のチームでコンフェデ杯に臨むレーブ監督。23歳にしてチーム最多の29キャップを記録しているドラクスラーをこのチームの主将に指名する決断に至ったようだ。

6日に行われたデンマーク代表とのテストマッチ(1-1)ではすでにドラクスラーがキャプテンマークを巻いていた。同監督は試合後には「プレーすれば、彼がキャプテンを務めることになる。休みを与える可能性もあるけどね」と明かし、「(今日の試合では)彼はチームをけん引し、責任感を示し、良いプレーを見せてくれた」と称賛した。

またドラクスラーは試合後、「キャプテンを務めたことは大きな名誉。何人かここにいないことも分かっている。コンフェデ杯を、リーダーシップを取れる選手であることを証明するチャンスとして見ている」と意気込みを示した。

【関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
「見逃し配信はいつまで?」DAZNに関する4つの疑問にCEOらが回答
DAZNの月額料金は?Jリーグやラ・リーガを放送、お得に見る方法も?
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる