コンテ監督「ポイントを失うことは許されない」2位トッテナムの猛追を警戒

コメント()
Getty Images
ボーンマスを敵地で下したチェルシーのコンテ監督が、勝ち点差7でチェルシーを猛追している2位のトッテナムについて言及した。

4月8日に行われたプレミアリーグ第32節、ボーンマスvsチェルシーは1-3でアウェーのチェルシーが勝利を収めた。試合後、チェルシーのアントニオ・コンテ監督が、敵地での勝ち点3奪取に喜びのコメントを残している。

「我々が試合をする前に(2位の)トッテナムが勝利を収めていたから、簡単な試合とはいかなかった。だが、選手たちはしっかりと頑張ってくれて、結果として勝ち点3を獲得することができた」

試合開始前にトッテナムが勝利を収めていたため、暫定で勝ち点4差まで詰められた形になったが、猛追しているライバルの存在について、コンテは「私はプレッシャーが好きなんだ。それを苦痛に思っていることはない。プレッシャーの中で結果を出すことで、最高の喜びが得られるものだと考えている」と語った。

「これからリーグ戦は7試合ある。スケジュールも容易なものではないが、前節、クリスタル・パレス相手に敗戦を喫したからこそ、この後はポイントを失うことは許されない」

また、コンテ監督は「トッテナムは昨シーズンより強いと思う。昨シーズン、最後までトッテナムはタイトル争いを展開した良いチームだからね」と2位トッテナムに言及し、警戒心を示した。

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる