ニュース ライブスコア
ブンデスリーガ

コバチ監督を支持するバイエルンSD、ヴェンゲル氏との接触を完全否定「100%ノー」

20:05 JST 2018/11/29
Niko Kovac Bayern Munich Benfica Champions League 27112018
バイエルンはCLでベンフィカを5-1で粉砕。強化部長は指揮官の続投を強調。

バイエルン・ミュンヘンは、監督交代を考えていないようだ。クラブのハサン・サリハミジッチSD(スポーツディレクター)がドイツ『スカイ』で明言している。

ブンデスリーガで6連覇中のバイエルンだが、ニコ・コバチ監督の下では第12節終了時点で5位に低迷。首位ボルシア・ドルトムントから9ポイント差をつけられている。前節のフォルトゥナ・デュッセルドルフ戦は終盤に追いつかれて3-3。チャンピオンズリーグの結果次第ではコバチ監督が解任されるのではとささやかれていた。

しかし、“運命の試合“とも称されたベンフィカ戦ではアリエン・ロッベンとロベルト・レヴァンドフスキがそれぞれ2ゴールを決めるなど5-1で快勝。試合後、サリハミジッチSDは『スカイ』で次のように述べている。

「この試合はすべてを物語っている。チームは責任を持ってプレーしてくれた。とても嬉しいよ。ようやくバイエルン・ミュンヘンらしい試合を見せ、監督とクラブのためにプレーしてくれた」

サリハミジッチSDは、12月1日のリーグ戦第13節でもコバチ監督が指揮を執るかとの質問に対し、「もちろん」と強調。バイエルンの監督ポストに興味を抱いていると報じられた元アーセナル指揮官のアーセン・ヴェンゲル氏と接触したかについては「ノー。100%ノーだ」と完全否定した。監督交代の可能性について、このように語った。

「ノー。考えていない。もちろん状況については話しているが、ほかの監督に関して話していないよ。今夜の結果がすべてを物語ている。チームがピッチ上で、答えを出してくれた」

▶豪華特典あり!3日間限定の「ダゾーン感謝祭」はこちらから!2018年11月28日(水)~30日(金)

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ