コケ、バルサ戦ドローに「物足りない」と不満…ブスケッツには「僕はプレーを楽しんでいる」と反論

コメント()
Social media

24日のリーガ・エスパニョーラ第13節、アトレティコ・マドリーは本拠地ワンダ・メトロポリターノでのバルセロナ戦を1−1のドローで終えた。MFコケ・レスレクシオンは試合後、勝ち点1獲得は物足りない結果との見解を示している。

後半、セットプレーからFWジエゴ・コスタがゴールを決めて先制したアトレティコだったが、89分にFWウスマン・デンベレの同点弾を許した。コケは勝利を逃した一戦と考えているようだ。

「実際、バルセロナはこのゲームをかなり支配していたよ。それが彼らのプランだったわけだけど、僕たちにとっては快適だった。ただ80分まで勝ちながら、不運なプレーで同点弾を決められてしまった。引き分けは物足りない。僕たちは終了寸前までリードしていたんだから」

「こちらのチャンスがほぼなかった? 彼らだってほとんどチャンスを生み出せていなかったよ。バルセロナがスペースを手にしたときに最高のチームになることはわかっている。僕たちは偉大なチームを相手に偉大な試合を演じた」

またMFセルジ・ブスケッツが「アトレティコはいつもこういうプレーをする。楽しい試合にはならない」と話していたことに関しては、次のような意見を述べている。

「僕はプレーを楽しんでいる。満喫できるときも、そうでないときもあるけど、いつだって楽しんでいるよ」

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
「頼れる存在がいなくなったことで、今シーズンは違ったチームになる」。内田篤人が語る鹿島、小笠原、そして…
次の記事:
モウリーニョが語る時代の変化…「監督は練習を指導する人間で、規律を守らせる役割ではない」
次の記事:
G大阪MF二川孝広、関西1部へ完全移籍「JFL昇格を実現するため全力で戦う」
次の記事:
32歳・池田圭「僕のプロサッカー人生は鳥栖とともにあった」…マレーシアへ移籍
次の記事:
タイ代表MFティティパン、大分加入が内定「Jリーグでプレーすることは夢でした」
閉じる