グループ突破が困難となったアトレティコ、シメオネは「悲観的な雰囲気が蔓延するかもしれないが...」

コメント()
Getty Images
自力突破に残り3試合で全勝を義務付けられたアトレティコ・マドリー

チャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメント進出が困難な状況となったアトレティコ・マドリーだが、ディエゴ・シメオネ監督は平静を保っている。

CLグループC第3節でカラバフ相手にスコアレスドローを演じて3位につけたアトレティコ。1位チェルシーとは勝ち点5差、2位ローマとは勝ち点3差で、自力突破のためには残り3試合で全勝することが必須だ。

シメオネ監督はカラバフ戦後、公式会見で次のように話している。

「私の調子は良い。明日、改善を目指して働く刺激を受けているよ。我々は前半に試合を決められる可能性があった。それを逃し、徐々に不安と重圧に駆られてしまった。必要な明確さをもってプレーすることができなかった」

「引き分けが続いて、悲観的な雰囲気が蔓延するかもしれない。だが私はこのチームを完全に信じ続けている。3カ月前にサインした時、何があるかは理解していた。明日という日を待つ落ち着きが、私にはある」

アトレティコはCLにおいて開幕節ローマ戦、先のカラバフ戦でスコアレスドローを演じている。シメオネ監督は決定力不足を認めつつ、チーム全体でゴールを奪う必要性を説いた。

広告

「決定力を欠いた。ゴールできる場面でできなったことで、その後は不安によるミスが生じた。フィジカル面の問題ではなかったと思う。結果が付いてこなければ言い訳を探すものだが、これは全員で解決すべき課題だ」

「状況を悲観視する者もいるだろう。だが私はチャンピオンズリーグで戦い続けるため、私の選手たちに経験が備わっていることを信じている」

▶サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

閉じる