グアルディオラがリーグ優勝に近づいたことを認める「まだ成し遂げてはいないが…」

最終更新
コメント()
Getty
2位に勝ち点16差をつけるマンチェスター・シティが優勝に近づいたとスペイン人指揮官は話した。

ジョゼップ・グアルディオラ監督は、マンチェスター・シティがプレミアリーグタイトルに手の届くところまで来たと感じているようだ。

今シーズン序盤から連勝記録を樹立するなど好調のマンチェスター・シティは、プレミアリーグ28試合を消化して2位と勝ち点16差で首位を独走中。先日のカラバオカップ決勝を制した同クラブが、2冠に大きく近づいたとグアルディオラ監督は『スカイスポーツ』で語った。

「我々は(タイトルに)近づいている。これは否定できない。しかし、まだ成し遂げたわけではないから、優勝したと考えるのはまだだ。タイトルレースは我々の手中にあり、自分たちで優勝を手繰り寄せることが一番重要だと思う」

サポーターや解説陣も1日のアーセナル戦に勝利したことでマンチェスター・シティの優勝は間違いないと感じているが、“完璧主義者”のグアルディオラ監督は、チームにさらなる改善を求めた。

「アーセナルに勝利するのは非常に難しいことだった。特にカラバオカップで勝利した後はなおさらだ。アーセナル戦は完璧とは言い難く、前半の最後10分と後半の開始20分は本当に悪いものだった。しかし、勝利できたことが最も重要だ」

5日に対戦するチェルシーへの警戒を語ったグアルディオラ監督は、アントニオ・コンテ監督が大きなプレッシャーを背負っていることについて「私も昨シーズンは同様だった。トップに立っているときは、みんなが称賛の声を上げる。しかし、負けるようなことがあれば“何をしていたんだ?”や“選手たちは信頼していない”、“クラブとの問題を抱えている”と罵られる」と敵将の立場を理解するコメントを残している。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
アルバ、“遅刻魔”デンベレに「ピッチ外の行動は改善できる…」
次の記事:
サネッティ氏、幹部転身の理由を明かす「私なら監督ができると考える人は多かったが…」
次の記事:
サディオ・マネ:Unstoppable - リヴァプールのスターが示す成功のための謙虚さ
次の記事:
PKで今季5ゴール目の本田圭佑、直近5戦4発で好調維持! チームは破竹の6連勝で暫定首位浮上/Aリーグ第8節
次の記事:
クラブW杯、鹿島vsチーバス・グアダラハラを前に北米大手メディアが鹿島を警戒
閉じる