クーマン「いつクビになってもおかしくない」ELいまだ未勝利で指揮官が不安を吐露

コメント()
Getty Images
エヴァートンはホームでのELリヨン戦に挑んだが、1-2で敗れる結果となった。クーマン監督は、自身がいつ更迭されてもおかしくないと危機感を抱いている。

現地時間19日、ヨーロッパリーグのグループリーグ第3節が各地で行われ、イングランドのエヴァートンはホームでリヨンと激突した。

試合はアウェーのリヨンが開始6分でPKを沈めて先制。エヴァートンは69分にアシュリー・ウィリアムズが同点弾を叩き込むも、75分にリヨンのバートランド・トラオレに決勝点を許し、1-2で敗れている。試合中にはゴール裏のファンを交え、両チームの選手が入り乱れた乱闘騒ぎも勃発し、エヴァートンにとってはホームで手痛い敗戦となった。

試合後、ロナルド・クーマン監督が試合内容を悔やみながら、自身がいつ更迭の憂き目に遭ってもおかしくないと語っている。

「私はまだ監督であるし、出来る限りのことをしようと心がけている。ただ、現時点で結果が伴っていないのは事実だ。いつこのポストを失ってもおかしくない状況にある」

これでエヴァートンはEL3試合を消化して1分け2敗となり、グループ最下位。プレミアリーグでは2勝2分け4敗と黒星が先行し、現時点でリーグ16位に低迷している。

エヴァートンは週末にホームでのリーグ第9節アーセナル戦が控えており、その後はカラバオカップでチェルシーと激突する。果たしてクーマン監督はアーセナル、チェルシー相手に結果を残し、エヴァートンを復活に導けるのか。はたまたエヴァートン首脳陣が大ナタを振るうことになるのか。

ビッグクラブとの2連戦が控えているクーマン監督にとって、窮地に立たされている状況のようだ。

▶サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

閉じる