クロアチア対イングランドの採点は?英メディア選出のMOMは敗戦のイングランドから…

コメント()

ロシア・ワールドカップ準決勝クロアチア対イングランドは、延長戦の末クロアチアが2-1で制した。英『スカイスポーツ』は、この試合の選手採点を発表した。

クロアチアとイングランドによる死闘は、90分では決着つかずに延長戦へ突入。すると109分にFWマリオ・マンジュキッチが決勝弾を挙げ、クロアチアが史上初の決勝進出を果たした。

『スカイスポーツ』は、両チームの選手ともに高評価をつけており、マン・オブ・ザ・マッチには、直接FKで先制点を挙げたイングランドDFキーラン・トリッピアーを選出。カイル・ウォーカーやクロアチアMFイヴァン・ペリシッチと同じく「8」と採点している。

また、英『BBC』の採点でも、トリッピアーがMOMに輝いている。

なお、先発した選手の中で最低点となったのは、クロアチアMFイヴァン・ラキティッチで、唯一の「5」点となった。

『スカイスポーツ』の選手採点(10点満点)は以下のとおり。

■クロアチア
GK:スバシッチ(7)
DF:ヴルサリコ(6)、ストリニッチ(6)、ロヴレン(7)、ヴィダ(6)
MF:ラキティッチ(5)、モドリッチ(7)、ブロゾヴィッチ(6)
FW:ペリシッチ(8)、レビッチ(6)、マンジュキッチ(7)

■イングランド
GK:ピックフォード(7)
DF:ウォーカー(8)、ストーンズ(6)、マグワイア(7)
MF:トリッピアー(8)、ヘンダーソン(7)、リンガード(6)、アリ(6)、ヤング(6)
FW:スターリング(7)、ケイン(6)

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
ラージョ戦先発が予想されたヘタフェ柴崎岳、結局は起用されず…5試合連続で出場機会なし
次の記事:
伊藤達哉、先発で違い見せるも途中交代…HSVはスコアレスドローで4戦負けなし
次の記事:
7年にわたってアトレティコを率いるシメオネ、さらなる契約延長を示唆!「もうすぐCEOと話す」
次の記事:
レアル・マドリー、ロペテギはひとまず解任せず…理由は後任不在とクラシコ直前のため
次の記事:
“プロサッカー選手”ウサイン・ボルト誕生か…クラブがオファー提示で本田圭佑と対戦も?
閉じる