「クラブが息子から50ゴールを盗んだ」ロペテギ父がC・ロナウド売却の首脳陣を非難

コメント()
Getty/Goal
レアル・マドリー前指揮官の肉親はエースの代役がいなかったことが低迷の原因だと話した。

レアル・マドリーから解任されたジュレン・ロペテギ前監督の父は、クリスティアーノ・ロナウドを売却したクラブを非難した。

今夏、ジネディーヌ・ジダン氏の後任としてレアル・マドリーの新指揮官に就任したロペテギ前監督。開幕スタートに成功したものの、その後チームは不名誉な無得点記録を更新するなど低迷する。さらに、28日のバルセロナ戦に1-5で敗れたことが決定打となり、同指揮官は29日に解任された。

レアル・マドリーが不振に陥る責任をロペテギ前監督は押し付けられる格好となった中、同指揮官の父であるホセ・アントニオ氏は、スペイン『エル・ムンド』のインタビューで息子を擁護し、今夏にエースのロナウドを売却するもその代役を補強しなかったクラブに批判の矛先を向けた。

「クリスティアーノ・ロナウドは良かった。彼は自惚れているかって?我々全員には欠点があるものだ。しかし、彼がシーズンに50ゴールを挙げたことは明白だった。そして彼がいなくなり、チームには卓越したゴールスコアラーがいなくなった。それでも彼らは代わりを獲得することはなかった。たった1人もだ。ネイマールや他の選手と交渉しているとの噂があったが、誰も来ていない」

「彼らは私の息子から50ゴールを盗んだ」

なお、ロペテギ前監督の後任として、Bチームを率いるサンティアゴ・ソラーリ氏が暫定的にチームを指揮することとなる。

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる