カッサーノ、ディバラとメッシの比較論に一笑「彼はいい選手だが…」

コメント()
Getty Images
イタリア紙のインタビューで、アントニオ・カッサーノは自身の現役続行を主張したほか、パウロ・ディバラはカンピオーネではないと訴えた。

元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノがイタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』のインタビューに応じている。

カッサーノは昨年1月に所属していたサンプドリアを退団。7月には昇格組のヴェローナと契約を結ぶも、フィーリングが合わないことを理由に1カ月も経たずに退団してしまった。ブランク期間が長い上、35歳と高齢のため事実上の引退とみられていたが、カッサーノはこれを否定している。

「俺は毎日、トレーニングをしているからサッカー選手なんだ。だが満足できるオファーがない。皆、俺が引退したとか、やる気がないとか思っているようだが、違う。お腹も出ていないし、ブラジル・ワールドカップへ行ったときのベストコンディション、85キロを維持している」

ただし、新天地はイタリア国内に限る。イタリアサッカー界のレジェンド、アレッサンドロ・デル・ピエロ氏やアンドレア・ピルロ氏のように、アメリカやインドに拠点を移し、現役引退を迎えることは考えていないと主張している。

「それは経験なのか、それとも時間の無駄なのか? リーグによっては競争力がなくて、プレーをしていないも同然の所もある。俺は自分の性格からして2日後には辞めてしまうだろう。それに俺はセリエAで違いを出せるんだ」

続いて、ユヴェントスに所属するFWパウロ・ディバラに言及。アルゼンチン代表の先輩FWリオネル・メッシと比較されることに疑問を呈した。

「彼は良い選手だが、カンピオーネではない。昨年、絶好調の時、メッシと比較されていたが俺は笑っていたよ。(ゴンサロ)イグアイン、(ミラレム)ピアニッチ、(ジャンルイジ)ブッフォンの3選手がセリエAで唯一のカンピオーネだよ」

▶セリエAを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
前回王者の豪州、ウズベクとのPKに及ぶ死闘を制して8強入り!準々決勝は開催国UAEかキルギスと激突
次の記事:
名審判イルマトフの笛に…判定基準に苦しんだ原口「取りに行けば全部ファウルに…。あの中で賢く守れた」
次の記事:
レアル・マドリー、ポルトの21歳ブラジル代表DFミリトンと個人合意…契約解除金5000万ユーロ支払いへ
次の記事:
成長続ける20歳・冨安健洋、吉田らベテランとの最高の関係「練習中から…」
次の記事:
バルセロナ加入濃厚のボアテング、過去に「バルサよりレアル・マドリーが好き」と発言
閉じる