カシージャス、フランスの1&2点目に異議…「VARの用途が分からない」

コメント()
Getty

5日のロシア・ワールドカップ決勝フランス対クロアチアは4−2でフランスが勝利し、フランスが20年ぶり2回目の優勝を果たした。この試合において大きな議論が起こっているのが、フランスの1点目と2点目の場面だ。元スペイン代表GKイケル・カシージャスは、どちらもスコアに反映されるべきではなかったとの見解を示している。

フランスは28分、ゴール右前で得たフリーキックからマンジュキッチのオウンゴールを誘発して先制に成功。1-1で迎えた34分にはペリシッチのハンド疑惑で、主審がビデオ判定の後にフランスのPKを指示し、キッカーのグリーズマンが決め切った。その後フランスはポグバ、エムバペが追加点を決め、クロアチアの反撃を1点に抑え込んで勝利している。

カシージャスは『ツイッター』で、1点目の場面について「誠実に言って、VARの用途が分からない。審判は実際には存在しないグリーズマンに対するファウルを取った」と、グローズマンが倒された場面でビデオ判定が行われなかったことに疑問を呈した。

また2点目の場面については「さらなるミスだ。ペルシッチは手をどけることができなかった。僕にとってはPKじゃない」と、意図的なPKではなかったことを主張している。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
イグアイン代役は“レヴァンドフスキ2世”?ミランがピョンテク獲得に接近…移籍金は最低でも50億円
次の記事:
「1位が良い、2位が良いではなくしっかり勝つことだけ」酒井宏樹がグループ最終戦へ意気込み
次の記事:
ケガの状態に明言避ける大迫勇也…若手に奮起促す「気持ちは分かる。でもこんなチャンスはない」
次の記事:
長友佑都が徹するベテランの役割…本田ら例に上げて若手に助言「周りも見ないくらいチャレンジしていた」
次の記事:
トッテナムに激震!ケインが左足首靭帯損傷で6週間離脱…ソン・フンミンも離脱で得点源2人を欠くことに
閉じる