エイバル戦、前後半で異なる顔を見せたレアル…そこにあったのはジダンのスピーチ「観客のために勝て」

コメント()
Getty

たとえ今季のタイトル獲得の望みが潰えようとも、ジネディーヌ・ジダン監督はレアル・マドリーの選手たちを奮起させることが可能なようだ。

6日のリーガ・エスパニョーラ第31節、本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのエイバル戦で、前半には怠惰なプレーに終始して失点を許し、後半に一気にパフォーマンスを改善してFWカリム・ベンゼマの2得点で逆転勝利を果たしたレアル・マドリー。スペイン『マルカ』によれば、前後半でチームの顔つきが変わったのは、ジダン監督のハーフタイムのスピーチにあったという。

ジダン監督は前半の選手たちの姿勢に怒りを覚え、気温10度の中でスタジアムに訪れた5万284人の観客のために勝利を目指す必要性を説いた模様。同紙によれば、フランス人指揮官はドレッシングルームで次のように語ったようだ。

「彼らのために勝たなければならない。この寒さの中でやって来た人々のために」

「誇りを示す必要があるんだ」

「君たちは、君たちではなくなっている。ピッチへと去り、恐れなくプレーするべきだ。勇敢でなければ、誰にも勝つことはできない。私たちは誇りとともに、アグレッシブにプレーしなければならない」

そして試合終了後、DFレギロンは「ジダンからは4つのことを言われた」と語り、ジダン監督のスピーチによりチームに変化が加えられたことを認めた。またジダン監督本人は記者会見で「何を言ったのかは言わないが、変化が必要だった。前半のように続けるわけにはいかなかったから。選手たちはそうしてくれた、チームとしてプレーしてくれたよ。もっと走り、もっと一枚岩となり、試合を完全に変えてくれたね」と、選手たちの後半のプレーに満足感をあらわしていた。

▶ラ・リーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZN(ダゾーン)の解約・再加入(一時停止)の方法とは?
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など

Goal-live-scores

閉じる