インテル、「落ち着き」足りずCL敗退…スパレッティ「もたらされたのは混乱」

コメント()
(C)Getty Images

インテルのルチアーノ・スパレッティ監督は、PSV戦で求めている戦いができなかったことを悔やんだ。UEFA公式サイトが伝えている。

インテルは11日、チャンピオンズリーグ・グループステージ最終節でPSVと対戦。結果的には、2位トッテナムがバルセロナと引き分けたため、インテルはPSVにホームで勝利すれば、決勝トーナメント進出を決めることができたが、1-1のドローに終わり、敗退が決まった。

ミスから先制点を許すなど、不本意なパフォーマンスに終始し、スパレッティ監督も肩を落とした。

「我々はナーバスになり、求めていた落ち着きを持ってプレーできなかった。だからこそ戦術的レベルで混乱が生まれた。必要としていたのはバランスだったが、代わりに混乱だけがもたらされてしまった」

フル出場したMFボレハ・バレロも「勝たなければならなかった」と話し、不十分な結果だったことを認めている。

「最初からあまりに焦ってプレーしてしまい、ドローに終わってしまった。必要な落ち着きがなかったんだ。トッテナムも引き分けだったので、もう1点取ればよかったが、残念なことにチャンスが少なすぎた」

なお、インテルはグループ3位でヨーロッパリーグへ回ることが決定している。

▶UEFAチャンピオンズリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
アーセナルレジェンド、ラムジーのユーヴェ行きは「吐き気を催す」 クラブを批判
次の記事:
カーディフ、クラブ史上最高額でナントからストライカー獲得…今季リーグ・アンで12ゴール
次の記事:
ファーディナンド、ジョルジーニョを糾弾 「走れない」「守備できない」「アシストできない」
次の記事:
モウリーニョが古巣のマンチェスター・Uに恨み節?「ペップやクロップにはサポートがあったが…」
次の記事:
ホームで強いアーセナル…チェルシー撃破にエメリもご満悦「このメンタリティをアウェイ戦でも」
閉じる