イングランド代表のW杯ボイコットに現実味?FAが声明を発表

コメント()
Getty
ロシア・ワールドカップではイングランド代表を見ることができなくなるかもしれない。

イングランドサッカー協会(FA)は、今夏に行われるロシア・ワールドカップのボイコットについて現在の状況に対するコメントを発表した。

イギリスのテリーザ・メイ首相は14日、イギリス国内で発生したロシアの元スパイと娘に対する殺人未遂事件を受け、イギリスの政治家および皇室がロシア・ワールドカップをボイコットすることを明かした。

ロシア側は事件への関与を否定しているものの、政府の決定を受けFAは立場を明らかにする声明を出した。

「イングランドサッカー協会は、イギリス政府や関係官庁と6月に行われるワールドカップおよび女子ワールドカップへの参加について緊密に連携を取り続けています。イングランドのすべての試合においてファン、選手、スタッフの安全が確保されることが最優先です。そのために外務および英連邦省からの助言を受けることになります」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
モウリーニョの片腕ルイ・ファリアが中東レフウィヤSCで再出発…中島翔哉に関心との報道も
次の記事:
「トップ4のために負けられない」ダービーを前に、エメリが勝ち点3奪取を誓う
次の記事:
グアルディオラがマンチェスター・Cの補強方針について言及「中盤の選手3、4人を調査中」
次の記事:
元バルセロナのクエンカ、サガン鳥栖に正式加入…同胞F・トーレスと日本で同僚に
次の記事:
ポグバが“帰って来た”スールシャールを大絶賛「チームをファーガソン時代に戻した」
閉じる