イラン対ポルトガルの試合日程と放送予定/ロシアW杯グループB

Getty Images
2018FIFAワールドカップ・ロシアのグループリーグも佳境。最終戦となる第3戦を迎える。強い緊張感と疲労の中で、勝利への執念を見せるのはスペイン代表か、モロッコ代表か。ここでは詳細な試合情報および両チームの注目選手を紹介する。

●試合日程と放送局と試合会場

日本時間6月26日3時(現地時間25時21時)モルドヴィア・アリーナ(サランスク)

放送局:NHK

●両チームのプロフィール

イラン代表(2大会連続5回目)

FIFAランク36位(2018年5月)。アジア最終予選では韓国代表を押しのけ、1位通過を果たした。2011年から同国を率いるのは、65歳のカルロス・ケイロス監督。U-20ポルトガル代表監督として、ルイス・フィーゴやルイ・コスタを育てたことは有名。名古屋グランパスを指揮したこともある。

ポルトガル代表(5大会連続7回目)

FIFAランク4位(2018年5月)。欧州予選ではスイス代表と同組となるも、接戦を制して1位通過を決める。監督は、62歳のフェルナンド・サントス。ポルトガルの3大クラブ、ポルト、ベンフィカ、スポルティング・リスボンで指揮を執るなど、実績は十分。2016年のEURO制覇を引っ提げ、W杯に臨む。

●イラン代表の注目選手

FWサルダル・アズムン(ルビン・カザン/ロシア)

1995年1月1日生まれ、23歳。178センチ、72キロ。
イランを代表する若手スターで、愛称は“イランのメッシ”。アルゼンチン代表FWリネオル・メッシとは体格もプレースタイルも異なるが、スピードやテクニック、得点力は抜群だ。“地の利”を生かし、W杯で活躍を見せたい。

FWアリレザ・ジャハンバクシュ(AZ/オランダ)

1993年8月11日生まれ、24歳。180センチ、76キロ。
今季リーグ戦33試合に出場して21ゴールを記録し、得点王に輝いた新星。単独で局面を突破する能力を備えているが、サルダル・アズムンとは育成年代からの名コンビとなっている。W杯での活躍次第では、さらなるステップアップもあり得る。

MFアシュカン・デジャガ(ノッティンガム・フォレスト/イングランド2部)

1996年7月5日、31歳。181センチ、74キロ。
ヘルタ・ベルリンやヴォルフスブルクなど、ドイツのクラブで活躍。U-21まではドイツ代表を選択していた。トップ下で、攻撃に変化を加える存在だ。最近はクラブでの出場機会を減らしていることが不安材料。W杯で輝きを取り戻せるか。

●ポルトガル代表の注目選手

FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー/スペイン)

1985年2月5日生まれ、33歳。187センチ、83キロ。
過去5度のバロンドールを受賞。アルゼンチン代表FWリネオル・メッシと並ぶ“世界最高のフットボーラー”。今季リーグ戦27試合出場で26得点を記録するなど、衰えはない。クラブ・個人のタイトルは総なめ。あとは、母国を初のW杯制覇に導けるか。

MFベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ/イングランド)

1994年8月10日生まれ、23歳。173センチ、64キロ。
右サイドを主戦場とするレフティ。ポルトガル代表の若きスター候補生。モナコ(フランス)から、今季よりマンチェスター・Cに移籍。ジョゼップ・グアルディオラ監督のサッカーに順応し、レギュラーとしての地位を獲得した。

DFペペ(ベシクタシュ/トルコ)

1983年2月26日生まれ、35歳。188センチ、81キロ。
代表キャップ数が間もなく100に達するベテランDF。レアル・マドリー(スペイン)からベシクタシュに移籍した今季も、主軸として活躍を見せた。気性の荒さも衰え知らず。落ち着いたパフォーマンスを見せられるかがポイントになる。

●グループBのライバル

スペイン代表(11大会連続15回目)

FIFAランク8位(2018年5月)。2010年南アフリカ大会で優勝を果たすも、前回はグループステージ敗退と低迷。ユース年代を指導してきた51歳のフレン・ロペテギ監督が、ダビド・デヘア(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)やイスコ(レアル・マドリー)ら教え子を率いる。

モロッコ代表(5大会ぶり5回目)

FIFAランク42位(2018年5月)。フランス出身の49歳、エルベ・ルナール監督は、アフリカにおいて抜群の実績を誇る。メディ・ベナティア(ユヴェントス/イタリア)は大会屈指のセンターバックの1人。堅守からの速攻で、グループステージ突破を図る。

Goal_worldcup_article_banner

次の記事:
首位通過懸けたウズベク戦、日本代表は先発を大幅入れ替え…10番乾がロシアW杯以来の出場
次の記事:
マンチェスター・Cの有望株はドイツ行き希望か…A代表デビューもクラブでは出場なし
次の記事:
神戸が2019シーズンの背番号を発表!ビジャは7番、山口は5番に決定
次の記事:
レアル・マドリー、バルサ、チェルシーでエリクセン争奪戦か…契約は来季終了まで
次の記事:
過熱する移籍先報道に…オランダの俊英MF「決断を急ぐことはないけど、早く終わってほしい」
閉じる