アンチェロッティ「ラッピングして勝ち点を献上した」ドロー決着を悔やむ

コメント()
Getty Images
ブンデスリーガ第6節バイエルンvsヴォルフスブルクは、バイエルンが2点のリードを守りきれずにドローとなった。試合後、アンチェロッティ監督はドロー決着について「ラッピングして勝ち点を献上した」と表現している。

22日、ブンデスリーガ第6節バイエルンvsヴォルフスブルクは、バイエルンが2点を先行しながらも後半に2失点を喫し、まさかのドロー決着となった。

試合後、カルロ・アンチェロッティ監督はこの結果への不満をクラブ公式メディアで口にしている。

「スヴェン(ウルライヒ)は処理をミスしたかもしれないね。ただ、チームがうまくいかなかったからこの結果となった。実際に後半だけで2~3度決定的なチャンスがあったし、そこでゴールが決まっていたら、我々が勝利していたはずだ。今回の結果は、ラッピングして勝ち点を(ヴォルフスブルクに)差し上げたような形になったね」

FKで1点を返された際のGKウルライヒのミスを擁護しつつも、アンチェロッティ監督は痛恨のドローだったと語っている。また、「パリでは違った結果になることを願っている」と続け、27日に控えているチャンピオンズリーグのグループリーグ第2戦、パリ・サンジェルマン戦への気概を示した。

アンチェロッティ監督にとってはかつて指導した古巣との対決となるが、果たしてGKマヌエル・ノイアーを失った状態で、ネイマール、エディンソン・カバーニ、キリアン・ムバッペら強力攻撃陣を0点に抑えることができるのか、バイエルンにとって序盤から真価が問われる試合となりそうだ。

▶ブンデスリーガのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

閉じる