アトレティコ、F・トーレスは残留へ…大連一方に移籍するのはカラスコ&ガイタンに

コメント()
スペイン『マルカ』が報じる

中国の大連一方に移籍する可能性があったFWフェルナンド・トーレスだが、今季終了まではアトレティコ・マドリーにとどまる見込みとなった。スペイン『マルカ』が報じている。

大連一方から年俸1500万ユーロ(約20億円)のオファーを提示されたと報じられていたF・トーレス。しかし『マルカ』によれば、アトレティコは同選手が今季終了までチームに残るという確信を得ているという。同紙は、F・トーレスが今季終了後に去就について決断を下し、そのときにアトレティコに別れを告げる見込みと報じた。

そしてF・トーレスに代わり、アトレティコから大連一方に移籍するのはMFニコ・ガイタンになりそうだ。ガイタンは大連一方が最初にオファーを提示したアトレティコの選手だが、その際には断りを入れていた。しかしながらさらなる説得を受け、中国移籍を決断したという。

なおアトレティコはガイタンのほか、MFヤニック・カラスコも大連一方に移籍することが濃厚となっている。

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
久保建英の直接FKが変えた流れ。U-19日本代表、北朝鮮に圧勝
次の記事:
監督デビュー控えるアンリ、低迷モナコで気を吐くファルカオを称賛「カリスマ的リーダー」
次の記事:
連敗脱出の名古屋、風間監督「システムありきじゃなくて、選手ありきでやっていきたい」
次の記事:
【動画】名古屋が連敗脱出!ジョー弾で柏に完封勝ち…残留争いはより混戦模様に/J1第30節
次の記事:
元インテルFWミリート氏、均衡したミラノダービーを予想「集中力と根性が必要」
閉じる