アトレティコが守護神オブラクと契約延長…2023年までの新4年契約を締結

コメント()
getty Images

アトレティコ・マドリーは、守護神ヤン・オブラクとの契約を2023年まで延長したことを発表した。

2014年にベンフィカからアトレティコ・マドリーに加入したオブラク。移籍以降、全公式戦203試合に出場し、115回ものクリーンシートを達成するなど同チームの絶対守護神として、これまでにヨーロッパリーグやUEFAスーパーカップなどのタイトル獲得に貢献する。

今シーズンのリーガ・エスパニョーラでもここまで32試合を戦い、リーグ最少となる21失点と安定した守備を支えるオブラクは、すでに18回ものクリーンシートを記録し、今では世界最高のGKの1人と称賛されている。

そんな中、去就に関する憶測が繰り返し流されるオブラクは17日、アトレティコ・マドリーと新契約を締結。この契約では、現在26歳のスロベニア代表守護神が30歳になる2023年までの4年契約に合意したとクラブは発表している。

アトレティコ・マドリーとの新契約を受け、オブラクは「契約延長にサインできたこと、これからもここにいられることにとても満足している。ベストを尽くしてチームを守り、ハードワークを続けていきたい」と喜びのコメントを残した。

現在リーグ戦で、首位バルセロナと勝ち点9差の2位につけるアトレティコ・マドリーは、20日に敵地でエイバルと対戦する。

▶ラ・リーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の記事です

Goal-live-scores

閉じる