「アジア相手だから1-0で満足できないのは違う」堂安律、最少スコアでの勝利も評価

コメント()
(C)Getty Images

日本代表MF堂安律は、アジアカップ2019グループF第2節でオマーンに1-0で勝利したことを評価している。

この日は相手の激しいタックルに遭う場面も多かった堂安だが、「ああいうタックルは慣れてます」と気にせず。相手に警戒されていたことを感じつつ、やりにくさはなかったと語った。

「相手の監督が(現所属の)フローニンゲンでやっていた人らしいので、そうなるだろうっていうのは予測していました。ただ、僕自身はやりにくさを感じなかったです。後半少しずつ空いてくるのも分かっていた中で、もう少しアイデアは必要だなっていうのは後半感じましたね」

試合序盤に決定機を作っていたものの、最少スコアでの勝利となった日本。堂安は前半にチャンスを作れていた理由を分析しつつ、後半にやや停滞したものの、失点しなかったことを評価している。

「前半数多くチャンスを作れていたので、そこで決めてればもっと楽なゲームになってたと思います。だけど、みんながこういう結果になってネガティブになる必要はないと思いますし、アジア相手だから1-0じゃ満足できないというのは、僕は違うと思います。しっかりゼロで抑えれたっていうところと、1-0で厳しい戦いも勝ちきれたことは評価していいことかなと思っています」

「(南野)拓実くんと僕のところでしっかりと、僕は拓実くんに後ろ付いていても出して行きますっていう声を掛けました。拓実くんはなかなか1戦目、良い状況で受けられるシーンが少なかったと思うので、そういうのは2人で話しをしながら、厳しいところでも付けていこうという意見を交わしました。(原口)元気くんがPKをもらったシーンは素晴らしい連係からゴールが生まれたと思っていますし、そういう点は良かったかなって思っています」

「(後半は停滞した?)やっぱり相手が攻めにこなきゃいけない状況の中で、相手がボールを持つ時間が増えましたし、さっき言ったようにゼロで抑えられたのは評価していいことです。ズルズルやられて、最後に失点したという結果ではないので、そういう意味ではゼロで抑えられたのが良かったと思います」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
アンデルレヒトがMFジュリを獲得…ライバル出現も森岡亮太は「残留希望」か
次の記事:
3戦を振り返る森保監督「僕が言ったことだけでなく」…メディアにもオープンな姿勢を求める
次の記事:
ヴァイグルを強く求めるPSG指揮官トゥヘル「依然として興味深い選手」
次の記事:
森保監督、次戦先発は「ギリギリまで悩む」。サウジへは警戒感示す「アジアでもトップクラス」
次の記事:
札幌と広島が参加のJリーグアジアチャレンジinタイ、DAZNで全試合ライブ配信!
閉じる