“お得意様”から今大会初勝利狙うブラジル…コスタリカは南米勢が天敵【データで見るロシアW杯対戦カード】

コメント()
Getty
いよいよ開幕したロシア・ワールドカップ。『Opta』のデータを用い、第2節の興味深い情報をチェックしよう。

いよいよ開幕したロシア・ワールドカップ。22日にはグループE第2節が行われ、ブラジルとコスタリカが対戦する。

重要な初戦を前にデータで両チームの情報をチェック。以下はデータサイト『Opta』による両チームの情報となっている。

■ブラジルは、コスタリカ戦10試合で9勝、敗れたのは1960年の親善試合のみ。

■W杯での顔合わせは、1990年のコスタリカのW杯初黒星(0-1)を含む3回目、その次は2002年ブラジルの勝利(5-2)だった。

■コスタリカがW杯で南米勢を負かしたのは、2014年大会での試合のみ(対ウルグアイ、3-1)。それ以前にも3回、南米勢と対戦しているが、いずれも負けている。

■対スイス戦でのフィリペ・コウチーニョのゴールは、彼のブラジル代表としての11ゴール目であった。内5本はペナルティーエリア外から放たれたものである。

■コスタリカは初戦セルビア戦で敗れ、W杯での5連勝に終止符が打たれた。しかし、2006年に4連敗を記録した以降は、W杯で連敗はしていない。

■ブラジルは、W杯での過去3試合で勝利を上げられずにおり(1分け2敗)、1978年6月に4試合で勝星を挙げられなかった以来の最低の記録である。

■コスタリカはW杯にて、31本のシュートを放ち、1ゴールしか記録していない。

■ブラジルのネイマールは、初戦のスイス戦で10回ファウルを受けた。これは、W杯で一人の選手が1試合で受けたファウル数としては、1998年、イングランドのストライカー、アラン・シアラーが11回ファウルを受けた以来の記録である。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる