ニュース ライブスコア
セリエA

トッティ、怒りとともに愛するローマを去る…「死ぬようなもの。彼らはローマ人を排除しようとしている」

4:40 JST 2019/06/18
Francesco Totti

▶6/25(火)までの加入で2ヶ月間無料トライアル実施中!コパ・アメリカ観るならDAZNで。

ローマの「王子様」であり、レジェンドのフランチェスコ・トッティ氏は17日、30年以上を過ごしたクラブから離れることを発表した。

ローマでデビューしたトッティは、2017年に選手としては引退。その後はクラブのディレクターとして過ごしていた。しかし、フロント入り以降、アメリカ人の会長ジェームズ・パロッタとは度々衝突しており、トッティはローマでの最後の会見で「自分を表現する機会がなかった。真の技術的なプロジェクトに関わったことは一度もなかったね」と話している。

「最初の年は起こりうることだ。2年目になり、やりたいこともあったが、一緒に働いたり、助け合うことは決してなかった。彼らは私がしたいことやクラブに与えてきたものを知っているのに、決してやりたいようにはさせてくれなかった。私をあらゆる決断から除外したんだ」

「そして今、他の道をたどることにした。信頼してくれる別のクラブもある。常に準備はできているんだ。誰か一人を糾弾するためにここにいるわけではない。ともに旅を始めたが、リスペクトされなかったんだ」

さらに、怒りは増した様子で、「全員が私にプレーをやめさせたことを知っている」と語り、過激な言葉が続いた。

「ディレクターとして6年の契約を結んでいた。異なる分野の仕事だし、静かにスタートした。多くの約束があったが、何一つ守られなかった。彼らはローマからローマ人を排除することが目的なんだろう。アメリカ人がやってきてからの8年間で、彼らはあらゆる方法で我々を一方的に排除しようとした。そして結局成功したんだよ」

一方で、「言えることはローマを傷つけることは決してない」とクラブを悪く言うことはなかったが、「選手としての引退よりもはるかに後味が悪い。ローマを離れることは死ぬようなものだ。死んだほうがましかもね」と話した。

トッティはローマで通算786試合に出場し、307ゴールを記録。なお、トッティだけではなく、2018-19シーズンを最後にダニエレ・デ・ロッシもチームを去ることが決まっている。

▶6/25(火)までの加入で2ヶ月間無料トライアル実施中!コパ・アメリカ観るならDAZNで。

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です