thumbnail こんにちは,

親善試合で負傷

オランダ代表は5日、ハンガリーとの国際親善試合に6-1で大勝した。しかし、このゲームで2ゴールを奪ったMFアリエン・ロッベンが終盤に負傷。ハムストリングを痛めた様子で、ピッチを後にしている。

メディカルスタッフの肩を借りてロッカーに引き上げるロッベンを、FWディルク・カイトが心配そうに追いかけていたが、どうやら、南アフリカ・ワールドカップを欠場する恐れがあるようだ。

試合後の会見でオランダ代表のベルト・ファン・マルヴァイク監督は、「ロッベンの状態が良いようには見えない」と語っており、コンディションは微妙なようだ。

詳しい検査は6日に行われる予定と伝えられている。

関連