D・ルイス、43億円でチェルシー復帰? PSGの代役探しがカギ

2年ぶりのプレミア復帰は実現するか

パリ・サンジェルマン(PSG)DFダビド・ルイスが、3200万ポンド(約43億1000万円)以上の移籍金でチェルシーに復帰するかもしれない。『Goal』の取材で分かった。

チェルシーはナポリDFカリドゥ・クリバリの獲得が失敗に終わり、キア・ジョオラビシアン代理人やジュリアーノ・ベルトルッチ氏とコンタクトを取っていた。

29歳のD・ルイスは、復帰に応じる姿勢と言われている。2011年1月に2100万ポンド(約28億3000万円)でベンフィカからチェルシーに移籍したD・ルイスは、チェルシーで人気だった。

しかし、チェルシー復帰が実現するかどうかは、PSGが代役を見つけられるか次第のようだ。

チェルシーでチャンピオンズリーグを制したD・ルイスは、2014年にPSGに売却された。移籍金は5000万ポンド(約67億4000万円)と、DFとしての最高額だった。

一方、チェルシーはフィオレンティーナDFマルコス・アロンソの獲得にも近づいているとされ、メディカルチェック終了後に移籍が正式発表されるとみられている。