thumbnail こんにちは,

マンチェスター・Cとの契約が今シーズン限りとなっているヤヤ・トゥーレに、ユナイテッドへの移籍のうわさが浮上している。代理人がライバルチームへの移籍を示唆した。

マンチェスター・シティに所属するコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレに驚きの移籍話が浮上している。

トゥーレの代理人を務めるディミトリ・セルク氏が『スカイスポーツ』に明かしたところによると、今夏マンチェスター・Cを退団した場合、新たな移籍先として有力になっているのが、ライバルチームのマンチェスター・ユナイテッドだと言うのだ。

「今のところ3つほど選択肢を持っている。中国リーグ、MLSの他に、イングランドの別のクラブと交渉の席を持つことになるだろう。」

「(ジョゼ)モウリーニョの下でプレーすることになるとすればトゥーレも喜ぶだろう。彼はバルセロナ時代(09-10シーズン)に(ズラタン)イブラヒモビッチと同僚だったしね」

セルク氏は「この2つのクラブはライバルだと分かっている。ただ、これは私やトゥーレの問題ではない。マンチェスター・Cが新契約を提示しない場合は、トゥーレは契約満了で好きなチームと契約を結べるようになる。そこに制約は何も発生しない。それにしても、新契約を提示するとしてももう遅すぎる時期だからね」と続け、今シーズン限りでのシティ退団、そしてライバルチームへの移籍をほのめかしている。

2010年の夏にマンチェスター・シティに加わり、在籍7シーズンを迎えたトゥーレ。本人は以前からマンチェスター・Cへの愛を公言していた。かつてバルセロナを退団した要因とされる恩師ジョゼップ・グアルディオラが指揮官に就任した今シーズンは、リーグ戦第1節から第11節まで出場機会がなしと戦力外の状態になっていたが、それ以降はリーグ戦全試合に出場。しかし、2017年夏までとなっている契約はいまだ更新されていない状況。果たして、トゥーレは今後どんな決断を下すのか、その動向が注目される。

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

関連