thumbnail こんにちは,

セスクがサンダーランド戦で今季初ゴール。首位を快走するチェルシーにさらなる光が灯る。

チェルシーに所属するスペイン代表セスク・ファブレガスが、サンダーランド戦で今シーズン初ゴールをマークした。

チェルシーは14日、プレミアリーグ第14節でサンダーランドと対戦。スコアこそ1-0だったが、内容で圧倒。先発したセスクが今季初ゴールも挙げ、チェルシーが盤石の勝利で首位をキープしている。セスクは試合を振り返り「パフォーマンスは本当によかったと思う。僕らはとても強かったと感じたね。前半は相手に何もさせなかった。チャンスも多く作ることができたしね」と喜びを語った。

また、この試合でセスクは3バックの前で、ヌゴロ・カンテとともにダブルボランチを形成した。それについては「このシステムでやるのは僕のキャリアで二度目だ。徐々に慣れていっていると思うし、とても快適にプレーできた。前には多くの選手がいるし、僕らの間には多くのスペースがあって良いように使える。このシステムを楽しんでいるし、僕にとても合っていると思う」と手応えをつかんでいることを明かしている。

半ば構想外となっていたセスクも戦力とし、首位を快走するチェルシー。久々に強いブルーズが帰ってきた。

関連