thumbnail こんにちは,

『ツイッター』を通じて発表

パリ・サンジェルマン(PSG)を退団した元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(34)が30日、マンチェスター・ユナイテッドに加入することを正式に発表した。

これまで移籍先について明言してこなかったイブラヒモビッチだが、『ツイッター』を通じてマンチェスター・ユナイテッドに加わることを公にした。同選手は「世界が知るときが来た。次の行き先はマンチェスター・ユナイテッドだ」とつぶやいている。

イブラヒモビッチは6月末までとなっていたPSGとの契約を延長せず、同クラブを退団することが決定。去就の確定はスウェーデン代表として出場したユーロ2016終了後へと先送りされたが、グループステージ敗退によって代表を引退し、満を持しての移籍先発表となった。

イブラヒモビッチはユナイテッドと1年契約を結ぶとみられる。なおユナイテッドは2016-17シーズンからジョゼ・モウリーニョ新監督が指揮を執り、イブラヒモビッチはインテル時代に指導を受けた人物と再会することになった。

関連