thumbnail こんにちは,

マンチェスター・ユナイテッドは16日、アカデミー(下部組織)の新たな代表者に元イングランド代表MFニッキー・バット氏を任命したことを発表した。

バット氏はユナイテッド下部組織出身で、1992年にトップチームにデビュー。デイビッド・ベッカム氏やポール・スコールズ氏、ライアン・ギグス氏らと同世代の一員として、サー・アレックス・ファーガソン氏の率いるチームを数多くの成功へ導いた。

2011年に香港で現役を終えた後、バット氏は2012年にユナイテッドに復帰し、リザーブチームやU-19チームのコーチを務めていた。新たなポストへの就任に際し、同氏は次のように喜びのコメントを述べている。

「この役割を任されるのは光栄なことだ。ユナイテッドのユース組織で学んだ者の一人として、アカデミーを率いるチャンスを得られるのは大きな名誉だと感じられる。ユナイテッドの未来の世代を生み出し続けるため、その価値と姿勢を伝え続けたい」

「大きな挑戦ではあるが、素晴らしいチームを引き継ぐことができるのは幸運だ。我々の目標が変わることはない。しっかりと指導を受け、世界最大のクラブでプレーする責任を理解できている選手たちをトップチームに供給し続けることだ」

関連