thumbnail こんにちは,

元イングランド代表MFアダム・ジョンソンが当時未成年だった少女と性的関係を持ったとされる事件の裁判で、少女はジョンソンが自分の年齢を知っていたと認めた。少女は裁判で涙を流している。複数のイギリスメディアが伝えた。

少女との性的関係があったことを認め、サンダーランドから解雇されたジョンソンは、検察側が「より深刻」と称したそのほか2件の性的関係の疑いについては否定している。

少女は裁判で裁判員に示された警察の事情聴取映像や裁判において涙を流した。ジョンソンは少女にサイン入りユニフォームをプレゼントしており、その後「お礼のキスとそれ以上」を要求。少女はその「お礼のキスとそれ以上」について言及している。

サンダーランドのシーズンチケットホルダーである少女は、ジョンソンを「アイドル」のように憧れていたとのこと。少女によると、ジョンソンは少女の年齢や誕生日、スタジアムでの席の場所などを知っていたという。

少女は自分とジョンソンの関係が噂になったことで、「彼がキャリアのすべてを失うことは望まなかったから、心配だった。自分のことはまったく気にしなかった」と述べている。だが、「両親に隠し事をしたくない」と父親に打ち明けたとのことだ。

関連