thumbnail こんにちは,

レスター・シティがこのまま今季プレミアリーグ優勝を成し遂げたとすればまさに夢のような話だが、単に応援するチームがタイトルを獲得する以上の夢を見ている者もいるようだ。ブックメーカーでレスター優勝の「大穴」に賭けた男性がイギリス『BBC』で紹介されている。

日本代表FW岡崎慎司も所属するレスターは、並み居るビッグクラブを抑えて首位を走る快進撃を見せながらも、いつかはペースダウンしてある程度の順位に落ち着くのではないかというのが大方の予想だった。だがシーズンの3分の2を終えてもその勢いが衰えることはなく、本格的にリーグ制覇を期待する声も強まりつつある状況だ。

ブックメーカーによるレスター優勝のオッズも着実にその戦いぶりを反映しており、先週末にマンチェスター・シティとの首位攻防戦をも制すと、一部ブックメーカーではレスターが最大の優勝候補と見なされるまでになった。

だが中には、現実的には誰もレスターの優勝など予想しなかった頃から勝負に出ていたファンもいるようだ。『BBC』の紹介する38歳の大工リー・ハーバートさんは、レスター優勝のオッズが5000倍だったシーズン開始当初に5ポンドを賭けており、このまま的中すれば2万5千ポンド(約416万円)の大金を手にすることになるという。

ブックメーカー『ウィリアム・ヒル』では、オッズ5000倍の時点でレスター優勝に賭けたのはハーバートさんを含めてわずか12名だとのこと。一方、優勝の場合に最多金額の払い戻しを受けるのは1500倍の時点で75ポンドを賭けた顧客であり、14万ポンド(約2330万円)ほどを手に入れることになると紹介されている。ブックメーカーで賭けの対象となった過去のスポーツイベントを含めても屈指の大穴的中となるようだ。

「商業的な理由で言えば、我々はレスターファンにはなれないですね。プレミアリーグで彼らが優勝すれば、総額200万ポンド(約3億3300万円)以上を支払うことになります」とブックメーカーのスポークスマンは語り、レスターの優勝を歓迎しない様子を見せている。

ハーバートさんは現時点で3200ポンド(約53万円)を払い戻すことでベットを取り消す案をブックメーカーから持ちかけられたが、これを断ったという。10歳の頃からレスターファンだったという彼は、「ダメになったとしても、結局5ポンドだからね」と夢を見続けることを選んでいる。

レスターの次の試合は14日、ホームでのアーセナル戦。シティ戦に続いてここでも優勝争いの直接のライバルを叩くことができれば、奇跡の優勝がさらに現実味を帯びてくることは間違いない。

関連