バーディーら主力の1月残留を期待するラニエリ 「夏にはベストな選択をするかもしれないが…」

レスター・シティのクラウディオ・ラニエリ監督は、今季序盤戦の好調によりビッグクラブからの関心を引きつけるFWジェイミー・バーディーらが少なくとも今シーズン末まではチームに残留することを期待している。

プレミアリーグ第12節終了時点で3位と躍進しているレスターにあって、特にバーディーは得点ランク首位を独走する12ゴールと絶好調。当然ながら、1月の移籍市場に向けてビッグクラブが獲得に動く可能性も取りざたされ始めている。

だがラニエリ監督は、今の好調なチームでプレーを続けることが選手たちのためにプラスになると主張した。イギリス『スカイ・スポーツ』などが同監督のコメントを伝えている。

「ジェイミーも代理人も、彼はここで非常にハッピーだと言っている。我々は一緒に成長していきたいと思っているんだ。全員が一緒に続けていけることを期待しているよ。もちろん彼は賢い選手で、今のレスターが非常に良いグループだということもよく分かってくれている」

「彼にとってもほかの選手たちにとっても、このチームでクオリティーを見せられるのは良いことだ。来シーズンには自分にとってベストな選択をする選手もいるかもしれないが、シーズン終了後にレスターがどういう位置にいるかも見る必要があるだろうね」

21日のニューカッスル戦では、プレミアリーグ記録に並ぶ10試合連続ゴールを狙うバーディー。だが、でん部の負傷によりイングランド代表の2試合を欠場した同選手のコンディションには不安もある。

「プレーできないのは彼にとってつらいことだった。彼は毎試合プレーできることを望んでいるからね。決定を下したのは代表チームのドクターであり、何も話し合いはなかったよ」