ベッカム氏、息子と同乗中に交通事故

幸いにも深刻なケガはない様子
元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏が29日、息子を乗せて運転中に交通事故に遭った。イギリス『BBC』など複数メディアが伝えている。

報道によると、ベッカム氏はこの日、アーセナルの下部組織に所属する息子ブルックリン君の試合を観戦したとのこと。ブライトンとの試合を終えたブルックリン君を乗せ、アーセナルの練習場から帰るところで、2人が乗った車は事故に遭ったという。

幸いにも、ベッカム氏とブルックリン君はそれぞれ、大きなケガを負うことはなかったとのこと。歩いて一度現場から離れたベッカム親子は、車が使えなくなったため、別の車に乗り換えたそうだ。

イギリス『テレグラフ』は、次のような証言者のコメントを紹介している。

「彼らは動揺していた。かなりのスピードでの激しい衝突だったんだ。でも全員、ケガもなく歩いていた。みんな大丈夫だ。幸いにもエアバッグが役立った」