ファン・ハール:「ディ・マリアは時間が必要」

さっそくの先発デビューも…
マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督は、新加入のMFアンヘル・ディ・マリアのデビュー戦でのプレーが期待に応えるものではなかったことを認め、活躍には時間が必要だと主張している。

26日にレアル・マドリーからの移籍が正式決定したばかりのディ・マリアは、30日に行われたプレミアリーグ第3節バーンリー戦でさっそく先発出場。だが開幕から低調なチームは無得点に終わり、0-0で勝ち点1を獲得するにとどまった。

試合後の会見で、ファン・ハール監督はディ・マリアについて次のようにコメントしている。

「今日の我々が目にしたのは、マドリッドで見ていたようなワールドクラスの選手ではなかった。だが、まだそれを期待することはできない」

「彼はイングランドの文化やイングランドのプレースタイルに慣れなければならないし、チームメートたちにも慣れなければならない。そのためには時間が必要だ」

一方、相手選手との交錯で足を痛めて70分に交代したディ・マリアの状態に関しては、「大事を取ってのことだった」として問題はないとの見通しを述べている。