ギグス、交代出場で2得点のマタを絶賛

「超一流の30分間」
マンチェスター・ユナイテッドのライアン・ギグス暫定監督は、26日に行われたノリッジ・シティ戦で先発から外す決断をしたMFフアン・マタの交代出場後の活躍を絶賛している。

解任されたデイビッド・モイーズ前監督に代わり、ノリッジ戦で初めて指揮を執ったギグス暫定監督。初戦のメンバー構成が注目されたが、1月の加入以来リーグ戦全試合に先発してきたマタをベンチスタートさせることを決断した。

だが、60分に交代で投入されたマタはそのわずか3分後にチームの3点目となるゴールを記録。73分にもヘディングで自身2点目を決め、4-0の大勝に貢献した。

ギグス監督はマタについて、試合後にイギリス『スカイ・スポーツ』で次のようにコメントしている。

「彼は(先発から外れたことに)落胆していた。そうなることは予想していたし、そうでなければおかしいことだった。だが、彼は選手としてもプロフェッショナルとしてもとにかく素晴らしい姿を見せてくれた」

「彼の30分間は超一流だった。本当に素晴らしかったよ。高い値札をつけられたこともあって簡単な状況ではないが、彼のために本当にうれしく思っている。先発から外れたのは残念だったと思うが、出場してこれほどのインパクトを見せてくれたことは非常にうれしい」

最高の形で初陣を飾ったギグス暫定監督の今季は残り3試合。ホームでのサンダーランド戦とハル・シティ戦、アウェーでのサウサンプトン戦を残している。