暫定監督の仕事に集中するギグス

初陣で4ー0と大勝 「昨日は寝られなかった」
マンチェスター・ユナイテッドは26日、プレミアリーグ第36節でノリッジ・シティをホームに迎え、4ー0で大勝した。ライアン・ギグス暫定監督は、結果に満足の様子だが、正式な監督就任を否定している。

デイビッド・モイーズ前監督を解任したユナイテッドは、チームの指揮をギグスに任せた。その初陣で大勝を収めているが、正式な監督就任については「今、私が考えていることではない」とコメント。イギリス『スカイ・スポーツ』で次のように述べた。

「私の仕事は、サンダーランド戦に選手を備えさせることだ」

「クラブが私に言ったことは『4試合の仕事がある』ということだ。1つ減り、あと3つだね。私にとって、それが集中すべきことだ。自分の能力でできる限りのことをやる。その後のことは、何が起こるかを見よう」

試合については、次のように話した。

「4ー0の勝利を楽しめた。我々にとって夢のような日だ。パフォーマンスにはとても満足している。チャンスをつくってゴールを挙げた」

しかし、慣れないメンバー選択には苦労したようだ。

「昨日は寝られなかった。フアン・マタのような選手もスターティングイレブンから外すことになった。難しい決定だったよ」

「本当にタフだった。私は暫定監督だが、チームメートでもあり、その彼らを無視することはタフだ。私は全員を信頼しているから、決めるのは本当に大変だ」