モイーズがユナイテッドで達成してきた「記録」

最後まで不振を脱せず…
デイビッド・モイーズはマンチェスター・ユナイテッドで記録的なシーズンを送ってきた。とは言え、悪い意味での記録ばかりだが…。

日曜日のエヴァートン戦に敗れたことで、昨季チャンピオンのユナイテッドは、今シーズンを4位以内で終了できないことが確定した。1995年以来初めて、チャンピオンズリーグ出場権を獲得できないということだ。

エヴァートンにとってこの結果は、ユナイテッド相手に1969-70シーズン以来となるリーグ戦での”ダブル”を成し遂げたことも意味している。

悪夢のようなシーズンを過ごしてきたユナイテッドが記録してきた数々の記録を振り返ってみよう。


モイーズ・ユナイテッドが達成した記録

  • ユナイテッドはプレミアリーグでの最小勝ち点を更新することが決定。
  • チャンピオンズリーグ出場権を獲得できなかったのは1995年以来となる。
  • ホームでの成績は過去10年間で最悪。
  • 2001年以来となるリーグ3連敗。
  • FAカップ3回戦での敗戦は、ファーガソン時代には一度しかなかったこと。
  • スウォンジー・シティにホームで史上初の敗戦。
  • ニューカッスルにホームで1972年以来の敗戦。
  • ウェスト・ブロムウィッチにホームで1978年以来の敗戦。
  • ストーク・シティにリーグ戦で1984年以来の敗戦。
  • マンチェスター・シティ戦でのエディン・ゼコのゴールは、ユナイテッドにとってプレミアリーグで初の前半1分の失点。
  • マンチェスター・シティとリヴァプールがともにユナイテッドに2勝したのはプレミアリーグ初。
  • エヴァートン、マンチェスター・シティ、リヴァプールが揃ってユナイテッドに2勝したのはプレミアリーグ初。
  • エヴァートンがユナイテッドにリーグ戦で2勝したのは1969-70シーズン以来。
  • エヴァートンとリヴァプールがともにユナイテッドに2勝したのはプレミアリーグ以前も含めて初。

 

文・構成/GOAL英国版