thumbnail こんにちは,

「06年のCLでは決勝に進んでいる」

アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は、チームはもっと評価される必要があると強調している。

アーセナルが最後にタイトルを獲得したのは2004-05シーズンのFAカップで、9年間タイトルから遠ざかっている。その後はリーグカップで2度、チャンピオンズリーグ(CL)で1度決勝に進出したが、いずれの試合も敗れている。

ヴェンゲル監督のコメントを、クラブの公式ウェブサイトは、以下のように伝えている。

「我々は2006年のCLで決勝に進んでいるが、誰もその話をしない。CLの決勝進出は偉大なことだと思っている。我々はタイトルを獲得できなかったが、(決勝トーナメントで)1度もゴールを許さず勝ち進んだ。そして、失点したのは決勝戦が終わる13分前に初めてしたんだ。そのシーズンが失敗に終わったと言えるかい。私はそうは思えないよ」

「(ジネディーヌ)・ジダンや(デイビッド・)ベッカムのいたレアル・マドリーを下しているけど、そのときの話は誰もしていない。シーズン終了後にタイトルを獲得していないので、何もなかったかのように見られてしまうんだ」

アーセナルは22日に行われるプレミアリーグ第31節でチェルシーと敵地で対戦する。

関連