thumbnail こんにちは,

トッテナムの首脳陣には苦言

チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、成績不振を理由に解任されたトッテナムのアンドレ・ビラス=ボアス前監督にエールを送っている。

トッテナムは先日行われたリヴァプール戦で0-5と敗れ、翌日にビラス=ボアス監督の解任を発表した。現在はティム・シャーウッド氏が暫定監督としてチームを率いている。

モウリーニョ監督のコメントを、イギリス『スカイ・スポーツ』は、以下のように伝えた。

「ここ6カ月間でアンドレとは、3回話をしたんだ。一度目はシーズンが始まる前の監督ミーティングで、次はトッテナムと対戦したときに話をしている。そして最後は、数日前のことだ。だけど、解任についての話はしなかった。ただ『世界が終わったわけではない。明日に向かって進んで行こう。仕事は必ずあるよ』と言ったんだ」

「サッカーが私を驚かすことは何もない。どんなことも起こり得るからね。だけど、トッテナムは、複数年契約を彼と結んだんだ。それは彼を信頼していて、彼が監督としての適任者だと考えていたからだ。何試合か悪い結果を残してしまったが、それは信頼を失ったり、解任したりする理由にはならないと思う」

関連