プレミア複数クラブが本田に関心?

イギリスメディアが報道
イギリスメディア『HITC SPORT』によると、2013年末でCSKAモスクワとの契約が満了となる本田圭佑の獲得に関して、プレミアリーグの複数クラブが興味を示しているらしい。

アーセナル、チェルシー、マンチェスター・シティ、リヴァプールといった強豪チームのほか、主力放出の可能性が浮上しているエバートンも候補に挙げられている。

同記事では本田を、「プレーメーカーとして並外れた才能を持ち、日本代表では香川をトップ下のポジションから追いやっている」と伝え、また「クリスティアーノ・ロナウドと同じ水準のフリーキックスキル、プレミアリーグに順応できるだけのフィジカルを持っている」と評価している。

さらにマーケットの観点においても、本田は「お買い得」とし、「彼のプレースタイル、ヘアースタイル、そしてルックスは、サッカー選手としての価値と同じだけの商品価値がある」と伝え、クラブにとっては競技面のみならず、収益面でも優れた効果をもたらすと付け加えている。

本田が3大リーグへ羽ばたく日は、刻一刻と近づいているようだ。