thumbnail こんにちは,

「2、3年はヨーロッパのトップにいられる」

リヴァプールFWディルク・カイトは、今夏の移籍市場でフェイエノールトに戻ることはないとの見解を述べている。カイトは、自身の要求に応じることができないため、オランダに戻ることはないだろうと話している。

カイトの代理人は、フェイエノールトのマーティン・ファン・ヘールTD(テクニカルディレクター)と移籍の可能性について話し合ったと言われている。

しかしオランダ『AD』にカイトは、「オランダに戻ることになれば、サラリーの80%を失うことになる。35歳か36歳の選手であれば、問題ないだろう。でも僕はまだ31歳だ。まだ強さを維持しているし、2、3年はヨーロッパのトップにいられると思う」と語っている。

「イングランド、ドイツ、スペイン、ポルトガル、イタリアのクラブが興味を持っている。大きなリーグだし、その中にはヨーロッパカップ戦に出場しているクラブも含まれている」

関連