thumbnail こんにちは,

夏の争奪戦はどうなる?

マンチェスター・ユナイテッドは、リールMFエデン・アザールの獲得を真剣に検討しているのかもしれない。アレックス・ファーガソン監督は、同選手のプレーに好感を持っていることを認めた。

アザールは、多くのビッグクラブが注目する21歳のベルギー代表選手で、この夏の移籍先が注目されている。その争奪戦にはユナイテッドも参加しているようで、ファーガソン監督がフランス『RMC』で次のように述べた。

「もちろんアザールもだが、ほかの選手の視察も含めて、私はリールがリヨンと対戦するのを見た。彼は大きなクオリティーがあるとても良い選手だね」

また、フランス代表のローラン・ブラン監督が自身の後任としてユナイテッドにくるのではないかという噂についても答えている。

「この質問は多いね。彼は(2001~03年にかけて)マンチェスターでプレーした。そのとき、我々のトレーニングメソッドに従って、しっかりとやっていたよ。彼はとても賢い。彼は監督としての特徴を持っている」

ファーガソン監督が視察した3月10日のリヨン対リールは、2-1でホームのリヨンが勝利していた。

関連