thumbnail こんにちは,

FAへの不満を隠さず

リヴァプールのケニー・ダルグリッシュ監督は、FWルイス・スアレスに対するイングランドサッカー協会(FA)の処分に不満を抱き続けている。

スアレスは昨年10月15日のマンチェスター・ユナイテッド戦で相手DFパトリス・エブラに対して人種差別発言があったとして、8試合の出場停止と4万ポンドの罰金を科された。リヴァプールは3日、この処分に不満を示しながらも、受け入れることを決断したと明かしている。

FAは115ページにわたる報告書の中で、スアレスがエブラに「ネグロ(黒人)」という言葉を7度使ったと説明している。これに対し、スアレスは「ネグロ」という言葉に差別的意味合いはないと主張していた。

ダルグリッシュ監督は3日のマンチェスター・シティ戦後、次のように話している。

「言語のエキスパートに聞けば、彼の国では完璧に受け入れられる言葉だと言うだろう。言いたいことは山ほどある。だが、それは自分たちを苦しめるだけになるだろう。我々はどうなっているのか、報告書に何がないのかを知っている」

「起きたことの前後関係すべてを知らないのは不幸なことだ。これ以上は言えない。クラブに任せる。より大きな穴を掘っているとは思わないよ。これ以上(メディアに)協力できないのは残念だがね」

リヴァプールの選手たちは先月のウィガン戦で、スアレスへのサポートを示すTシャツを見せている。ダルグリッシュ監督はチームの行為について、次のように続けた。

「仲間の一人が困っていれば、サポートするんじゃないか? 選手たちはチームメートへの支持を表したかったんだ。何がいけない?」

スアレスへの処分に上訴するか、FAはリヴァプールに2週間ほどの猶予を与えていた。だがダルグリッシュ監督によると、早い段階で処分に入る方が良いと判断したようだ。

関連